Event is FINISHED

【3/11-12開催!】空き家×◯◯で”すいな”場をつくる『YOJO DESIGN CAMP』@有田川

Description
【YOJO DESIGN CAMP@有田川を開催します!】

2017年春。そこにある”地域資源”を見つけ出しながら
”余剰になった”ものをどのように活かしていくかを考えながら
その地域での”豊かな暮らし”を描くための合宿を始めます。

”もらいもん"

有田川という和歌山県の中にある人口3万人の小さな町。
そこで、小さく始まったゲストハウスがあります。

そこは、地域にあるものを活かす”デザイン"を考え
新たな価値をつくりだした場所でもありました。
そんな、小さくも新たな価値が生まれた体験をもとに
今回は、新たに出会った”余剰”と、地域の住民たちと
集まって頂く若手の仲間たちとともにつくりあげていく
アイディアプランづくりの合宿を開催します。

*期間は2017年3月11-12日の2日間。
 地域に滞在しながら、フィールドワークやワークショップ
 地域住民の方々との交流を通して行います。

こんな人に来てほしい!
・有田川町に興味のある方
・自分の強みや価値を再発見したい方
・若い世代(U35)の仲間と切磋琢磨したい方 
・余剰を活かしていく力を磨いて事業を作りたい方
・面白い地域のと連携して働き方生き方を考えたい方

ご参加をお待ちしています!

[イベント情報]
日時:3月11日(土)10:00 - 12日(日)15:30
場所:和歌山県有田川町内
   ※10:00に藤並駅集合
   ※車でお越しの場合はご連絡下さい
参加費:4000円程度(現地までの交通費・食費・風呂代のみ実費)
    ※宿泊はご準備させて頂きます
定員:12名(※定員を超えた場合は抽選となります)

[プログラム概要(仮)]

【1day】
10:00 有田川町集合/オリエンテーション
10:30 参加者チェックイン
11:00 2チームに分かれて活動開始(町内巡り)    
15:00 空き家見学&アイディア出しワークショップ
17:00 明恵峡温泉 → 夕飯の準備
18:00 夕飯
20:00 ナイトダイアログ
23:00 風呂・就寝(仮)

【2day】
9:00  チェックイン
    アイディアプランを考える時間
11:00 プレゼンテーション
12:00 昼食 
13:00 参加者+住民チームとブラッシュアップ会議
14:00 最終プレゼンテーション
15:00 総括・まとめ
15:30 終了/解散

ーーー

▶︎2月21日、3月3日に京都、大阪でプレイベントを開催致します。
YOJO DESIGN CAMPプレイベント@京都(2月21日)
https://www.facebook.com/events/115479965639003/

YOJO DESIGN CAMPプレイベント@大阪(3月3日)
https://www.facebook.com/events/234958990246512/


[今回のYOJO DESIGN CAMPの特徴]
1. リアルに今後活用する空き家が題材です。

こんなのあったらいいな。を具体的な物件を中心に
可能性を見つけ出しながら描いていくことができます。
ということで、実際にアイディアがカタチになる可能性も!

2.チーム運営は、ファシリテーター(進行役)がサポートします。

はじめて出会った同士で、そんなにうまく話せるのか?
と不安になる部分は、進行をファシリテーターがサポート。
実際に、有田川の地域について知っている同世代も
チームのサポーターとして加わって行います。

3. 米国ポートランドと連携した住民主体のまちづくり

2015年7月から、和歌山県有田川町では
米国で一番住みたい街となったポートランドと連携し
「住民主体のまちづくり」を始めている地域です。

▶︎webページ”有田川という未来”
http://aridagawa2040.org
▶︎greenz
http://greenz.jp/2016/01/08/aridagawa2040/

【ゲスト紹介】
【ゲスト紹介】
宮原 翔太郎 / パーリー建築

1990年東京生まれ香港育ち。
成城大学文芸学部卒業後、桑沢デザイン研究所にて建築を学ぶ。

卒業後、参加した広島県尾道市のゲストハウス
セルフリノベーション計画を経て独立。

空き家を改修しながらそこに住み着き
パーティーをし続けることでその場所に
新たな価値を持たせるパーリー建築を開始する。

2015年に手がけた「ギルドハウス十日町」では
施工期間中に1,500人訪れ、住民7世帯の限界集落に
人のいる風景を作り出した。

その後も全国各地の空き家に住み着いては
とにかくパーティーを催し続けている。




【プログラムホスト紹介】
楠部睦美:有田川町初のゲストハウスオーナー

1987年有田川町吉原生まれ。
みかん農家の次女として幼少時から自然に囲まれ育つ。

大学時代、京都府丹後地方にて
村おこしを行うチームに出会い、活動に携わった経験から
自身の故郷である和歌山有田川を見直すきっかけとなる。

大学卒業後、愛知県の建築会社に入社、
営業職を4年間務めアパート建築
マンションリノベーションを数多く提案。

その後退職して有田川にUターン。
近所の家が空き家になったことをきっかけに
ゲストハウスをオープンさせようとリノベを実施。
現在は、地域の資源を活かしたプランづくりや
女性たちのコミュニティ”有田川女子会”を運営している。

---

田口貴浩:有田川町役場職員

1991年和歌山市生まれ。
幼い頃から有田川町で育つ。

大学時代は、全国各地へフィールドワークに出かけて、
人と人との交流を軸に据えた地域づくりを学ぶ。
出身地である有田川町での棚田保全活動を通して、
地元に留まり、地域づくりを続けることを決断する。

2014年に有田川町役場へ入庁する。
公務に従事する傍ら、若手住民を中心とした
地域づくりの活動にプライベートで携わっている。

---

東 信史:プログラムプランナー
有限責任事業組合まちとしごと総合研究所

1985年佐賀県小城市生まれ。
これからの豊かさを再構築するとともに
地域に新たな生業を創り出すことを目的とした
「有限責任事業組合まちとしごと総合研究所」代表。

和歌山県有田川町に2015年7月から携わりながら
地域の方々と町を面白がる計画を企て中。

***********************

-------------------------

[お問い合わせ]
YOJO DESIGN CAMP 運営(担当:東)
メールアドレス:aridagawa2040@gmail.com

※本プログラムは、有田川町移住定住促進事業の一環として
まちとしごと総合研究所が運営を行っています。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#230650 2017-03-06 01:34:26
Mar 11 - Mar 12, 2017
[ Sat ] - [ Sun ]
10:00 AM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
有田川町
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
和歌山県有田郡有田川町下津野2018−4 Japan
Organizer
aridagawa2040
4 Followers